診療科概要

 最近のがん診療の分野は腫瘍学(oncology)としてすさまじい勢いで進歩しています。特にがん化学療法(がん薬物療法)の進歩は著しく、有効性も向上した一方、適応や毒性など益々複雑になっています。分子標的薬など新しい治療薬も次々と登場してきました。がん治療においては、臓器や治療手段にとらわれず、全体的な視野で捉えて診療を行っていくことが重要となってきています。

 2008年3月、杏林大学医学部に腫瘍内科として化学療法を中心にがん全体を扱う部門が立ち上がりました。がん診療は特に集学的チーム医療が求められてきており、外科・内科・放射線科・薬剤部・看護部・ソーシャルワーカーなど多くの部門の協力によって成り立ちます。腫瘍内科はそのような包拢的がん診療の中心的役割を果たすべく進めております。

 杏林大学医学部付属病院では、診療科の枠を超えて最新の科学的根拠に基づいたがん治療を適切に提供する場として、2008年4月、がんセンターが開設されました。腫瘍内科はその中心を担う科でもあります。

 当腫瘍内科では化学療法を主な治療手段として個々の患者さんに最も適した治療を提供します。また新しいより有効な化学療法の開発を目的とした臨床試験も積極的に進めています。化学療法は科学的根拠に基づいた適切な実施と心の通った診療が大切と考えています。


対症疾患

肝がん、胆道がん、膵がん、胃がん、大腸がん、食道がんなど消化器がん、原発不明がんなど難治がん、その他悪性腫瘍一般


基本方針

  • 最新の科学的根拠に基づく標準的化学療法を実施します。
  • 腫瘍内科では難治性のがんが主な対象疾患です。外科、放射線科、緩和治療科、各臓器・器官の診療科などと密接に連携し、進行度、全身状態など個々の患者さんの状態を総合的に判断した上で、最も適切な治療法を選択 します。
  • がん化学療法ではまだまだ十分満足できる治療法は確立されていません。より有効な標準治療の確立に向け、治験・臨床試験を積極的に推進します。

外来化学療法室について

 患者さんが日常生活を送りながら化学療法を続けたいというニーズに応えるべく、通院で化学療法が行える環境の整備を進めております。2010年、外来化学療法室が14床から17床に拡充されました。がん専門の薬剤師や看護師など専門性の高いスタッフが常駐し、安全かつ快適に治療を受けていただくことができます。


外来担当表

 こちらにてご確認ください。


症例数・実績

平成25年度

表1 新規患者数
診断名 症例数
結腸・直腸癌 46
膵癌 59
胆道癌 19
胃癌 43
肝細胞癌 7
食道癌 29
消化管間質腫瘍 8
原発不明 3
神経内分泌癌 1
その他 2
合 計 217